このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。

会員規約

IDOL☆FIT!!施設利用に関する会員規約

第1条    名称

本規約は、IDOL☆Fit!!として運営するスポーツクラブ(以下「当クラブ」と称す)および、それに派生する運営業務の利用に 関し適用されるものとする。

第2条    所在地

当クラブの所在地は東京都千代田区外神田3-13-8とする。

第3条 経営及び運営

株式会社 虎の穴(以下「本部」という)が経営し、運営を行う。

第4条 会員制度

1 当クラブは会員制とする。
2 当クラブに入会される方は、本規約を承諾し、当社所定の入会申込書を提出(公式ホームページからの申請を含む)しなければならない。
3 従業員割引を利用して当クラブを利用する場合も本規約を遵守するものとする。
なお、施設の利用以外で当クラブスタッフへの個別接触を禁止する。

第5条 入会資格

次の各号のいずれかに該当する者は当クラブの会員になることは出来ない。
⑴ 本規約および当クラブの諸規則を遵守できない者
⑵ 本申込を行なう者が記載した会員と相違ないことを確認できない者
⑶ 刺青をしている者、暴カ団又は反社会的勢力関係者と当社が判断した者
⑷ 医師等により運動を禁じられている者
⑸ 伝染病、その他、他人に伝染または感染する恐れのある疾病を有している者
⑹ その他当社が会員としてふさわしくないと判断した者
⑺ 16歳未満の者

第6条 会員証

⑴ 会員は、当社と入会契約を締結することにより、入会が認められ、当クラブの諸施設を利用する権利が与えられる。
⑵ 当クラブは会員に対し会員証を交付する。なお、会員証の発行手数料は入会金に含まれる。
⑶ 会員がクラブ諸施設に入る際には、会員証を提示するものとし、会員証を携帯していない場合は、施設内に立ち入ることはできない。
⑷ 会員証は、本人もしくは利用権限を有する者のみが使用し、他の者が使用することは出来ない。(会員は会員証を第三者に貸与することは出来ない。万一、会員証を貸与した場合は除名の対象となる。)
⑸ 会員は、会員証を紛失、あるいは盗まれた際には、速かにクラブにその旨を通知すること。
その際、会員は、再発行手数料を支払った上、会員証の再発行の手続きをとることができる。
⑹ 再発行手数料は100円(税抜き)とする。

第7条 諸規定の遵守

⑴ 会員は本規約および施設内諸規則その他当社が定める規則をすべて遵守しなければならない。
⑵ 施設および機器の使用にあたっては、スタッフから通知されたルール、慣習上のルールに従うものとする。施設の具体的利用にあたっては、本クラブの説明及び指示に従わなければならない。
⑶ 会員は、施設を使用している際、いかなる営利活動、ビジネス活動、署名活動もおこなってはならない。会員は他のメンバーもしくはその同伴者に対し、パーソナルトレーニングなどの営業行為をおこなうことは固く禁じる。
⑷ 会員は、施設の利用時はゴム草履、および裸足での施設 利用は禁止とする。
⑸ 会員は、クラブ施設内で大きな声を発する、あるいは他のメンバー、ゲスト、施設スタッフに対する暴力、嫌がらせ、誹謗中傷する等の迷惑行為を固く禁止する。
⑹ 当クラブは、会員が施設敷地内で、法律で禁止された薬物等を使用することを禁止する。
⑺ 上記記載の規定を順守できない場合は会員除名の対象となる。

第8条 入場の禁止及び退場

当クラブは、以下の各項に該当する方の入場の禁止または退場を命じる事ができる。
⑴ 本規約および当クラブの諸規則を遵守しない者
⑵ 刺青のある者および刺青との判別が困難なペインティング等の擬似刺青を施している者
⑶ 暴力団関係者又は反社会的勢力関係者と当社が判断した者
⑷ 医師等により運動を禁じられている者
⑸ 伝染病、その他、他人に伝染または感染する恐れのある疾病を有している者
⑹ 大声、奇声を発する、不適切な言動で他の人間に迷惑をかける者
⑺ 飲酒した者。館内で飲酒、喫煙をした者。
⑻ 動物を館内に持ち込んだ者
⑼ 正常の施設利用ができないと認められた者
⑽ 当クラブスタッフへ主体的に触る行為をした者、またセクハラに該当する行為をした者
⑾ 当社が会員としてふさわしくないと判断した者
⑿ スタッフとの店外での付き合いの強要、連絡先交換、ストーカー行為、スカウト行為、脅しなどの迷惑行為に及んだ者

第9条 休会および復帰

⑴ 会員は、疾病、その他やむを得ない事由で当クラブを1ヶ月以上利用できないと当社が認めた場合は、各月15日
(15日が休館日の場合はその前営業日)までに、当社所定の書面より手続きを行ったうえで、
月単位で当クラブを休会することができる。
⑵ 休会に関して特別な費用は発生しない。
⑶ 休会していた会員は、休会届記載の終了日経過後自動的に月単位で当クラブに復帰扱いとなる。その場合、復帰月から会費を支払うものとする。
⑷ 休会から退会をする場合、店頭にて所定の手続きを対面にて行うものとする。

第10条 退会

⑴ 会員が自己都合により当クラブを退会する場合は、各月15日(15日が休館日の場合はその前営業日までに
当社所定の書面により直接手続きを完了しなければならない。(電話等による申し出は原則受け付けられない)
⑵ 会費その他利用料等(以下「会費等」)が未納の場合は、第1項の退会届の提出までに完納しなければならない。
⑶ 会費等は、退会が月の途中であっても、これを全額支払わなければならない。
⑷ 会員が自己都合により会費等を3ヶ月間以上滞納した場合は、退会扱いとする。
また滞納分については全額現金または当社が指定した方法で支払わなくてはならない。
⑸ 退会の場合は、当社は、長期契約(1年一括前納等)に基づき既納された会費等がある場合、正規料金で換算した上、
月単位で経過月分を差し引いて返還するものとする。
⑹ 会員が会費等その他の債務を、支払期日を過ぎてもなお履行しない場合、当社は会員に対し、支払期日の翌日から
支払の日の前日までの日数に年 14.5%の割合で計算される金額を延滞利息として、会費等その他の債務と一括して、
当社が指定する方法で支払いを求めることができる。
その際の必要な振込手数料その他の費用は、全て当該会員の負担とする。
⑺ 会員が、その資格を喪失したときには、直ちに会員証を当社に返却しなければならない。

第11条 諸手続き

⑴ 会員が入会申込書に記載した内容に変更があった時は、速かに変更手続をしなければならない。
⑵ 当社より会員に通知する場合は、会員から届け出のあった最新の住所あてに行うものとし、会員から届け出のあった最新の住所あてに通知が発信されたときは、通知未達等発信後の責を負わないものとする。

第12条 会員資格の停止および除名

1 当社は、会員が次の各号に該当するときは、当該会員資格を一時停止、又は除名することができる。
⑴ 第5条第1項に違反したとき
⑵ 第8条に関連し、会員・当クラブ従業員に対する迷惑行為及び当クラブ内における宗教活動、営業行為、その他
当クラブの目的に反する行為により、当クラブの秩序を乱し、又 は当クラブの名誉・品位を著しく傷つけたとき
⑶ 規約その他当社の定めた諸規則に違反したとき
⑷ 会費その他の債務を滞納し、当社からの催告に応じないとき
⑸ 入会に際して当社に虚偽の申告をした、又は第4条に違反していることを故意に申請しなかったと判断したとき
⑹ 当クラブの施設・器具・什器を故意または過失により破損したとき
⑺ その他、会員としてふさわしくない言動があったと当社が認めたとき
2 前項による会員資格停止中の会員又は当クラブから除名された会員は、当クラブの施設を使用することが出来ない。
なお、会員は、会員資格停止中も会費を支払わなければならない。
3 第1項による会員資格停止中の会員又は当クラブから除名された会員に対して当社は、会員資格停止期間中又は
除名後の会費について、前納分あるいは会費その他諸費用等の既払分の返還は出来ない。

第13条 資格喪失

会員は次の場合にその資格を喪失する。
⑴      退会
⑵      死亡または法人の解散(法人会員)
⑶      除名
⑷      当社の運営上重大な理由により当クラブを閉鎖したとき

第14条 会員資格の譲渡禁止

当クラブの会員資格は、本人限りとし、第三者への譲渡、売買、貸与、名義変更、 質権の設定その他の担保に供する等の
行為もしくは相続その他の包括継承はできない(但し、法人の合併を除く)。

第15条 会費、手数料及び利用料

⑴ 会員証発行手数料は、当社が別に定める金額とし、入会時にこれを支払わなければならない。
会員証発行手数料は、理由の如何を問わず返還は出来ない。
⑵ 会費は、当社が別に定める金額を当社所定の方法で支払うものとする。
⑶ 会員には、実際の施設利用の有無にかかわらず、本会員契約が定める諸費用をすべて支払う義務があり、
退会月までは会費または利用料等を支払わなければならない。
⑷ 当社は、会員が当クラブを利用するにあたり、利用の都度別に定める金額の支払いを求めることができる。

第16条 会費、手数料および利用料等の改定

⑴ 当社は、別に定める会費・手数料または利用料等の改定を行うことができる。
⑵ 前項の改定を行なう場合、当社は 1 ヶ月前までに会員に告知するものとする。

第17条 営業時間と休館日

1 当クラブの営業日及び営業時間については、別に定める。
2 当クラブは次の事由により、必要期間を休館日とすることができる。
⑴ 気象災害、天変地異により、営業ができないと判断したとき
⑵ 施設点検、施設補修、改修の必要が生じたとき
⑶ 管理運営所のやむ負えない事情があるとき
⑷ 夏季休暇、年末年始は一定期間休館日とし、期間については1か月前に会員へ告知する。

第18条 施設の利用制限

当社は、当クラブの管理もしくはその他当社が必要と認めた場合に、施設の全部ま たは一部の利用を制限することがある。その場合、1 週間前までにその旨を告示する。但し、気象災害等によって緊急を要する場合はこの限りではない。又 これにより会員の会費等の支払義務が縮減され、又停止されることもない。

第19条 会員以外(ビジター)の利用

当社は原則として会員が同伴した会員以外の者(以下「ビジター」という)に次の条 件で当クラブの施設を利用させることができる。但し、当社が特に必要と認めた場合同伴ビジター以外のビジターの利用を認めることがある。

⑴ 会員がビジターの同伴を希望する場合、事前に必ず施設スタッフから書面による承諾を得る必要がある。
⑵ ビジターの施設利用の範囲は、同伴した会員に準じる。但し当社が必要と認めた場合には、利用を制限することがある。
⑶ 当社は、ビジターが当クラブを利用するに際し、当社が別に定める利用料の支払いを求めることができる。
⑷ 当クラブはビジターの入場規制、制限をすることができる。
⑸ 会員は同伴したビジターの施設内の行為に関して一切の責任を負うものとする。

第20条 休業

当社は次の理由により当クラブの施設の全部または一部を休業することがある。
⑴ 気象・災害等により会員にその災害が及ぶと当社が判断し、営業を困難と認めたとき
⑵ 施設の点検、補修または改修をするとき
⑶ 法令の制定、改廃、行政指導、社会経済情勢の著しい変化、その他止むを得ざる事由が発生したとき
⑷ その他当社が休業を必要と認めるとき

第21条 施設の閉鎖と変更

当社は次の理由により当クラブの施設の全部または一部を閉鎖または変更する
場合がある。
⑴ 気象・災害等により会員にその災害が及ぶと当社が判断し、営業を不可能と認めたとき
⑵ 法令の制定、改廃、行政指導、社会経済情勢の著しい変化、その他当社経営上止むを得ざる事由が発生したとき
⑶ 第22条、条件下において、会員の会費等の支払義務が縮減され、又停止されることもない。

第22条 賠償責任

1 当クラブ内で発生した紛失、盗難、傷害その他事故について当社及び本部は一切の責任を負わないものとする。
会員及びビジターは、自己の責にすべき原因により、当クラブの施設または第三者に損害を与えた場合は、
速かにその賠償責任を果たさなければならない。
2 会員は、紹介または同伴したビジターの責に帰すべき原因により発生した前項の損害についても、その同伴した
ビジターと連帯して賠償責任を負わなければならない。

第23条 解散

1 当社は止むを得ざる事情による場合には、3ヶ月前の予告をすることにより、当クラブを解散することができる。
2 解散の理由が天災、地変、公権力の命令、強制その他の不可抗力である場合には、 前項の予告期間を短縮することができる。
3 当クラブの解散の場合、当社は会員に対し、特別の補償は施さない。

第24条 通知予告

本規約および当クラブの諸事情に関する通知または予告は、当クラブ所定の場所に一定期間提示する方法により行う。

第25条 本規約その他の諸規則の改定

当社は、本規約、細則、利用規定、その他当クラブの運営、管理に関する事項を改定することができる。また、その効カはすべての会員に適用される。

制定 平成30年6月11日